ツグハル・フジタの最期とはどのようなものだったのでしょうか?

1968年1月29日、現代芸術を代表する画家レオナール・ツグハル・フジタは、スイスのチューリッヒにて癌により81歳でその生涯の幕を閉じます。彼はまずランスに、その後にヴィリエ=レ=バクルに埋葬されます。彼の遺骨は最終的に妻の遺骨とともにランスのフジタ礼拝堂に移されました。この礼拝堂は、画家フジタが人生の最後に手掛けた大作であり、彼の強い信仰が捧げられています。

Art Gallery Diane de Polignac » FAQ » FAQ 藤田嗣治 » ツグハル・フジタの最期とはどのようなものだったのでしょうか?