画家ツグハル・フジタとはどのような人物ですか?

現代日本人画家のレオナール・ツグハル・フジタ(藤田嗣治)は20世紀の前衛美術における重要な画家のひとりです。日本人でありながら、フランス国籍を取得したフジタは自らの作品の中で東洋絵画の繊細さと現代西洋絵画の大胆さを融合させています。

ツグハル・フジタは、画家、素描家、彫刻家、挿絵師、陶芸家、写真家、映画作家、デザイナーとさまざまな肩書を持ち、芸術のあらゆる形に興味を抱いた人物です。

東京で生まれたフジタは小学校時代からフランス語を学びます。1907年より伝統的な日本絵画を学んだ後、東京芸術学校(現在の東京芸術大学)の西洋画科に入学し、そして1913年、偉大なアーティストとなるためにパリに移住します。

ツグハル・フジタについての詳細は、この日本人画家についての専用ページでもご覧いただけます。リンク

Art Gallery Diane de Polignac » FAQ » FAQ 藤田嗣治 » 画家ツグハル・フジタとはどのような人物ですか